恋するシロクマ

ひょんなことからアザラシにひとめぼれしてしまったシロクマが、怖がるアザラシに猛アタック。アザラシはいつ食われるかと不安におびえながらも、何故か自分を決して食べようとしない、むしろ守ってくれるシロクマに、いつしか友情のようなものを感じ始める…!基本的にはギャグマンガなのだけれど、捕食者と被食者、愛や家族、命といったシリアスなテーマについても、とても真摯に描いているマンガで、気付くと読みながら泣いています。

3巻、4巻と話が進むごとに新キャラとしてペンギンやシャチも登場し、ペンギンはシャチを愛し、しかしシャチはペンギンに友情は感じつつも愛情はノ―サンキューというシロクマ&アザラシとちょうど裏返しの関係。そしてシャチはかつてペンギンに淡い恋心を抱いた事があり、しかしそのペンギンは自分の仲間に食べられてしまったという過去があります。この世界を生きる上で、誰かが誰かを殺しその肉を食べるというのは仕方のないことなのだという重いテーマをサラッと描いていて、ほんとうに名作です。

コメントは受け付けていません。